5月終わる
だいぶひさびさになっちゃった

ゴールデンウィークあたりまでは平和で、連休も普通に満喫してたんだけど
明けたあたりから突如、家族や知人に事故、事件、家庭の不和等がバタバタと重なる形で起きてしまい
私自身もなんか多方面からショックを受けて地味に疲弊している…
この日記も5/15くらいに書いてアップしようと思ってたのが、ずーっと気力がわかず
毎日ちょこっと書いてはアップしそびれて、半月くらい経過してた
でも日記として書き出すのは自分にとっていいことなので書き出す

親が離婚することになったのがショックの大部分だけど…
私はとっくの昔に家も出てるし、大人だし、大丈夫大丈夫…そして実際大丈夫なのだけど
ふいに平和な子ども時代の記憶が思い出されて、この記憶のなかの呑気に笑う自分も家族も、今とつながっているのだな…と思うと、なんともいえないかなしみが押し寄せてきたりする
あと普通に両親が心配で、ウワッ…本当にこの先大丈夫なのか!?って急に思ったりする
それ以外にも、兄が事故(自損)に遭ったり、友達が会社を解雇されたり、身内が不穏な事件に巻き込まれたり、だいぶ馴染みのあるゴルフ場が閉鎖して工場になることが決まったり(これ地味にダメージ…)
なんだかジワジワと気の塞ぐことが相次いだ5月
そしてどれも一気に解決するようなことじゃなく、時間のかかること(もしくはどうしようもないこと)なのでつらい気持ちになる
みんな、幸せになってくれ
私は幸せに生きる気満々なんでな!

絶えず変化が起きていて、それに心がついていけてないのかも
ここ数年ずっと時世も情勢も不安定だし、なにもかも変わっていくんだなという気持ちが強くなっている
この世は無常〜みんなわかっているのさ〜
そんな中で私自身は変わってるのか?という気持ちと、変わってしまったのかな…自分…ていう相反する気持ちもある
いまこうして日記を書いてるみたいに、文章にすることは気持ちを少し楽にするけど
こういう気持ちを漫画にした方がいいのかもな
もうちょい元気出たらやりたい

 

とにもかくにも気が塞ぐことばかりなので、アニメや漫画、映画などに触れて気を紛らわせている
エンタメ(?)とそれを生み出してくれる人たち、マジでありがとう
アニメは相変わらずパリピ孔明とかぐや様を観てる
何話目だったか、パリピ孔明もかぐや様も両方ラップの話でびっくりした
パリピ孔明のラップはだいぶ本格的なリリックを刻んでて、バトっていく中で葛藤を超えていく展開がエモくて良かった
あとアニメ「平家物語」はこないだ1回観終えてから余韻に浸ってたけど、この5月に2周くらい見た
本当に本当に最高の作品
鎌倉殿の13人で、平家を滅ぼした義経のその後を見守ったけど、こっちもかなりつらかった
あとYouTubeで「七人のカリスマ」というボイスドラマを少し聴いた 何だあれは…

 

映画は「シン・ウルトラマン」、「ハケンアニメ!」、「犬王」を観た

ウルトラマン、なんであんなに人間のために尽くしてくれるんだ…
人間ってウルトラマンに守ってもらう資格あるのか…? って思いながら観た
作中の長澤まさみも「綺麗…」って言ってたけど、ウルトラマンの銀色の巨体が妙に美しかったり、飛び立つときの音の無さに神々しさを感じたり、ウルトラマンってこんなに唇が生々しいというかセクシーなんだな…等が印象に残った
斎藤工さんの唇って本当、ウルトラマンそのものじゃない?!
ウルトラマン自体は唇を動かして言葉を発するわけではないのに(違ったらすみません)、無くても成り立ちそうなデザインなのに、あんなに唇が印象的なのはなぜなんだウルトラマン

ハケンアニメは突発的に観たんだけど、エンタメ作品〜って感じでわりと面白かったな
SHIROBAKOみたいじゃんと思う人もいそうだけど、SHIROBAKOが届かない人たちに、実写でやることで届くこともあると思う
とはいえアニメの流行って配信やSNSでの話題性とかも含めての流行だから、視聴率争いになる構造はなんかちょっと古く感じる部分もあったけど
吉岡里帆さん演技うまいな〜、そしてかわいい…
中村倫也さんはドラマ「アオイホノオ」で赤井孝美さんを演じてたのがだいぶ印象にある
上野樹里さんとのCMが可愛くて好き

犬王は、アニメーション表現がかなり面白かった
視力を失った視界の表現とか、歌う時の唾の表現とか
反面、中盤以降の音楽や舞いのシーンがかなり冗長に感じてしまい、作中での盛り上がりにシンクロできなかった
琵琶や能楽がロック音楽に置き換えられてるという、その事自体もどうなんだろうなーと思ったけど、作中の演奏で使われていない楽器の音が鳴ってたりするのも気になって、う…うーん……ていうところが多かった

近々トップガンを見る予定
1作目観たことないかも
なので観てから行こうと思う

 

プライベートなことって公開日記にする意味あるのかな、伏せときゃいいのでは…とも思う(実際伏せてあることもたくさんある)けど
伏せることで籠もってしまってやり場のない気持ち、みたいなのもあるし、楽になりたいので別にいっかな…という気分