最近読んだ漫画の感想

本当はTwitterに書いた方がクチコミが広がったりするかも〜とは思うんだけど
生来の長文野郎なので、Twitterでウザくない程度の文字数(と連投回数)に収まるように…ウザくない熱量で…作者さんに見られたら恥ずかしい…とかいろいろ考えてたら、書くのにめちゃくちゃ時間がかかるようになってしまった

そして、私は140文字にまとめようとすると、どうしても言葉をキャッチーで強くしがち
そこに込めている思いに嘘はないけど、なんか大げさになってしまう…
なので長くはなるけど、ときどきここに書くことにする
おもしろかった〜、でいいんだけどね、本当はね

 

SWINGIN’ DRAGON & TIGER BOOGIE(1)(2)

SWINGIN' DRAGON & TIGER BOOGIE

表紙がかわいかったのでちょっと調べてみたら、昭和の日本を舞台にしたジャズ漫画ということで即買い
ちょうど2巻出たばっかり! 面白かった〜続きが楽しみ
戦後間もない日本の、泥臭いけどエネルギッシュな空気の中で奏でられるジャズ…
灰田高鴻さんの漫画を初めて読んだけど、絵のディティールが、当時の日本の空気感や雑味をかきたてていて良いな
コマの中にいっぱい人物が描かれていたり、荒っぽく打ち付けられたベニヤの木目が細かく描き込まれていたり、白い壁もただ白くはない、人々の生活が染み付いて少し汚れている感じ
人物には、なんかちょっとエロティックさや生命力を感じる

主人公の於菟ちゃんは一見してフワフワした感じの女の子ながら、一人称は「ぼく」で、言葉遣いも荒々しくてイイ…
じゃが芋どもめ!!すり潰してやるッ!!(お気に入りのセリフ)
於菟ちゃんの歌声を聴いてみたい…どんな感じなんだろう
ちなみに「於菟」といえば森鴎外の息子の森於菟だけど、於菟という名前には「虎」という意味があるらしい
不器用で無愛想で顔の良い眼鏡キャラもおるでよ〜
顔の良いクールな男が、振り回されたり感情が高ぶったり苦悩したりする漫画は最高

ここで試し読みできます

あとSpotifyでプレイリストが公開されていた
「作品に登場した楽曲や、当時の街角で流れていたであろうジャズの名曲をセレクト」とのことで、流しながら漫画を読むと良さげ

これを聴きつつ、最近レコードプレーヤーを買おうかな…とずっと迷っているので、この漫画を読んで欲しさが加速してしまった〜

 

風太郎不戦日記(2)

風太郎不戦日記

しばらくTwitterを見ていなかったので発売してたの知らなかった、10月に出てた
「SWINGIN’ DRAGON〜」は戦後の日本が舞台だけど、こっちは山田風太郎がつづった戦中の日記を勝田文先生が漫画化したもの
この2巻では敗戦までが描かれていて、「この世界の片隅に」の時系列も同時並行で思い起こしながら読んだ
焼夷弾が降り注いでいる中にも、すべて焼き尽くされて一面焼け野原でも、なんだかしょーもない笑いや意地があったりして、すごく人間くさい
そして今日の日本もまだ戦後なのだな…と思うところがしばしば
にしても、原作と引き合わせながら読んではいないけど、勝田さんの絵、漫画表現、すごく良いなあ
もともと面白い文章を漫画という別の形で表現して、その漫画でしか成し得ない良さが詰まっている〜…
そもそも見せるつもりで書いてない、一見淡々とした文章、でもそこに込められている(というか湧き出して止まらない)感情を汲み取って、漫画に昇華するセンスがすごい
それでいて線が細くてシンプルで、デフォルメもきかせたりするから、生々しすぎない絶妙なバランスもあったりする
なんか抽象的な物言いばかりになってしまうけど、とにかくコマ割り、絵がいい
特に、終戦前後の描写がとてもよかった…!

これもへんな言い方だけど、いろんな漫画を読んでいると「漫画はかならずしも絵だけじゃないなあ…」と思うときと「漫画はやっぱり…絵だ!!」と思うときがある
私にとってはどっちも本当で、どんな漫画も面白ければ「面白い」なんだけど
やっぱり、良い!!と思う絵にはこちらの手首を掴んでグイグイ引っ張るような力強さがある
勝田さんの絵は、線も華奢でとても可愛らしい絵でありながら、絵に力がある方だ…といつも思う
力は力でも、魅力ってやつですね…

 

消えた初恋(4)

消えた初恋

ああ〜っ…青木くん本っ当可愛い……なんていじらしいんだ…
この漫画は、見かけの可愛さだけじゃなくて「なんだ…可愛いやつだなあ、コイツ…」というキャラが多くて悶える
青木&井田、橋本さん&あっくんの恋模様がそれぞれ違うペースで展開していくさまにニッコリ
橋本さんいいキャラしてて応援したくなるよ…
名前呼ばれたときとか…表情といい反応といい、めちゃくちゃ恋している感じが可愛い
確かに学生時代って「はしもっつぁん」みたいなあだ名がついてしまって、そのあだ名にふさわしい振る舞いをしようとか、道化に徹しよう…とか思ってしまうことってある気がする
そしてあっくん、こりゃかっこいいわ…好きになっちゃうわ…という、橋本さんの気持ちがすごくよく分かるアングルで描かれている…
ただひたすらに、他人というままならない存在を好きになってしまったがために戸惑ったりアワアワするさまを描いた漫画は最高だね…

すでにとても有名だけど、ここで試し読みできます

 

ベルリンうわの空 ウンターグルンド(2)

ベルリンうわの空

なんだかここ数年、自分も周囲の人も、些細なことに苛立ったり、他人に対して無意味に攻撃的、狭量になっているな…と実感することが多くて、それが嫌で、そういうのをどうしたらいいのかなってずっと思ってる
本当はもっと機嫌よく生きたいし、困ったり疲れてる人は労いたいし、できるだけいろんなことをよくしていきたい
「でもみんなそれぞれ生きていくだけで大変で、他人を思いやる余裕なんかないんだよ」
「自分は自分、他人は他人」「他人に迷惑をかけることだけはするな」
…うーん、いや…そうなのかもしれないけど……
いや、本当にそれだけなのか? それはちょっとさみしくない…?
そういう煩悶
でも実際自分も余裕が無いと、妙にイラついたり、自分が望むやり方を周りの人に強要してしまったりするときもある

香山さんのベルリンでの生活は、自分たちなりに思いを形にすることで、少しずつ毎日をちょっとよくしていけるかもしれない、そういう可能性に気づかせてくれる
香山さんは友人たちと一緒になって、地下街のとある空間に公共スペースを作っていくんだけど(虚実織り交ぜたフィクションだそうですが)、こういうのあったらいいね、困っている人や必要な人が使ってくれるかもね〜、なんでもないおしゃべりができる場所になるかもね…っていうポジティブな願いを、具体的なアイデアに落とし込んで試行錯誤していく
そのあれこれアイデアを出し合って空間を(自分たちの生活を)ビルドしていく様子がとてもみずみずしくて…
でも本人たちにとって無理なことはしてなくて、素敵だ
こういう試行錯誤ができる、そういう余白のある社会って、それだけで成熟度が高いなと思う
で、これは日本でも、自分たちにもできるのかな
ベルリンだからできる、ベルリンが特別だから可能、ベルリンがすごい、ということを描いているんじゃないんだよな
でもやっぱり、こういう感じ、日本ではあまり見かけないな…という観点がいっぱいあったりする
読んでいて、何かを少しずつ変えていけるかもっていう勇気がもらえるし、心が潤うような感じがする、そんな漫画
ここで1巻が試し読みできます

あと香山さんの漫画のキャラクターの造形はとっても不思議でかわいい
なんでこんなデザイン思いつくんだろ?!って思う

ウッ…ここまでで4冊しか触れられてないのか…
まだまだあるのでそのうちまた書きます
あとチェンソーマン未読なので読みたい
終わっちゃうよ〜

ところで、書影を借りたいだけなんだけど、Amazonてアフィリエイトやってないと埋め込めないのかな〜??
webで追ってたり電子書籍で読む漫画も多いし…でもパッと見なんの漫画かわかるように表紙は入れておきたいし…
(私はほぼ、自分が後で読み返すために日記を書いています…)

アイマスのオフィシャルYouTubeで配信が始まった、sideMのアニメを見始めた
アニメ化してたの知らなかった
2014年って、そんな前にアニメ化していたんだな
それぞれが元◯◯とか、◯◯からアイドルへ!という感じなんだな(これも知らなかった)
1話の終わりでドドンと大量のアイドルが登場して、覚えきれるのか不安になったけど、オフィシャルサイト見たらさらにいっぱいアイドルがいて笑った
アイマスって、なんの知識もない状態で集合絵見ると見分けがつかなかったりキャラが覚えられるか不安になったりするけど、ストーリーに触れていくうちに全アイドルの見分けはもちろん魅力もわかるようになっていくので何も心配いらないね…

1話、2話、3話、Episode of Jupiterの順番で見たんだけど、Jupiterの存在はアニマスで観て知ってたので、1話で、あっJupiterだ!ってなって嬉しかった
記者の善澤さんも
なんかこういう、知ってる存在が登場するだけで話に入っていきやすい
765プロの話との繋がりや、世界観の広がりを感じる
Episode of Jupiterもよかった
961プロを出て自分たちだけで歩んでたのは知ってたけど、冬馬さん、事務所に所属することが若干トラウマになってるじゃん…
sideM 1話までの繋がりが丁寧に描かれててよかったな
途中、春香さん出てきたけどあれは劇場版のシーンなのか
劇場版まだ観てないから近いうちに観よう
2話のみんなでJupiterのライブを手伝う話、なんかみんな良い人たちだな〜という感じでほっこりした
てか会場、横浜ベイホールやんけ!

なんか男性アイドルの話だから女性向けっぽいのかなあとなんとなく思ってたけど、全然そういうんでもなかった(そして女性向けだからダメというわけでは決してない)
悩みとか、どうしてアイドルをやるのかとか、ステージに立って目指すものは何か、とかそういう普遍的なテーマが描かれるっぽくて楽しみ
そんでPは男性なんだな
最近までダンベル何キロ持てる?を見てたので、石川界人さんにすっかり街雄さん(というか筋肉)のイメージが…

私は一目で山下次郎さんが気になってしまった

S.E.Mのみなさん
S.E.Mのみなさん(左が山下次郎さん)

自分で自分のこと、オジさんが〜とちょっと自虐っぽく言うんだけど、一番年上なのは硲道夫さんなのか
てかはざまみちおって羽佐間道夫?!セルバンテス…!?と思ったけど、同姓同名の別人だった

S.E.M、イメージカラーピンクなのと、何よりアイドル衣装ヤバいな…!
宣材写真撮るエピソードでも、ちゃんとスネ毛が描かれていて信頼度がアップした、私の
元教員ということで、たぶんライブでファンのこと「生徒」って呼ぶんだろうな…(妄想)

字がかわいい
次郎さんの書く字かわいい

教員時代、この字で黒板いっぱいに板書していたのかと思うと
てか高校教師か…

配信もいいけど、勢いで続きを観たいタチなのと、よくみたらPrimeビデオにあったので観ちゃおうかな
てかこないだ見損ねて落ち込んでたシンデレラガールズもあったわ
ので、作業とか洗濯物畳みながら観よ〜

—-

昨日はリングフィットで筋トレ後、5km歩いて階段使ったもも上げトレーニングをした
そのせいか、朝から下半身が微妙に筋肉痛
というか1日中眠くて身体がだるくてほぼ何もしないで過ごしてしまった…
土日に食べ過ぎた件がほぼ戻って安心したけど、オーバーワークだったんかな
動けないほど疲れてるときは素直に休むことにしてる
体脂肪もBMIもだいぶ良い数値になってきたし、適度に休みつつ頑張ろ

日曜日、お母さんからサーモンを貰ったのでサーモンマリネを作った
明日朝食べるぞう!と思ってたけどさっきちょっとつまみ食いしてしまった
めっちゃ美味しく出来てて満足
まだサーモン半分あるから、残りも漬けよう
サーモンとともに貰った良い牛肉はすき焼きにして食べた
これも旨すぎた

読み期なんだけど、漫画より小説を読む気力がもりもり湧いている
とはいえ漫画も読みまくっているが

「ノラや」を読み終えたので、ムーミンシリーズでも読もうかな
ショートショートに飢えているので、星新一か新井素子を読みたいな
短編集をいっぱい読めば、私にも短編の漫画が思いつくんじゃないか? という気がして…(アサハカ)

漫画の、風太郎不戦日記面白い
https://comic-days.com/episode/10834108156675121969

コミックス1巻をこないだ買って読んだけど、最新話はコミックDAYSでも読めるのね
モノローグとして山田風太郎の文章も入っている
にしても勝田さんの絵はいいなあ、本当いい
人物の描きわけがめちゃくちゃうまくて線がいい
背景も勝田さんだけしか描けない背景だし、本当好き

髭男爵のインタビュー記事を読んだ流れで、
ちょっと前の、阿佐ヶ谷姉妹のインタビュー記事を読んだ

“私たちにとって仕事は「思い出づくり」のようなもの” っていい考え方だな
阿佐ヶ谷姉妹があるときマネージャーさんに言われて、すごく肩の荷が下りたという言葉
私は仕事に関してはさほどウエイトが高くないけど、
趣味とか楽しみだとか言ってる割についついハードルを上げてしまいがちな漫画も、
そのほかいろいろやりたいなと思っていながら始められずにいることも、
思い出づくりって思ったら、ハードルも高くないし楽しいかも

髭男爵の記事の方もよかった
とにかく近ごろは、健康に機嫌よく暮らすだけで精一杯なので、
「家にいる時間が長い今だからこそ○○しよう!」みたいなものに向き合えない事が多く、
向き合えないとダメですか…みたいな卑屈な気持ちが救われる

なんか昨日の日記
○○もしてるし、○○もしてる とか書いてあって
「あなただけ見つめてる」の歌詞みたいで笑ってしまった

丑の日だからいろんなところでうなぎのメニューを見かける
なので、無意識レベルで刷り込まれたのか、猛烈にうなぎが食べたくなる
そんで松屋のうなぎを食べたんだけど、安いのに結構ふわふわで美味しかった
いつもあすけん(ダイエットアプリ)にビタミンAが足りてないと叱られてるのでたっぷり摂取した
はぁービタミンAってうなぎに入ってるのか…
にしても松屋、安すぎる上にデリバリーもしてくれるとかすごい
雨の日に頼んでしまって罪悪感…

今週末も雨なのか
日照時間少なすぎだろう
自室のカーテン締め切ってる分際であれだけど、晴れて…

大島弓子「バナナブレッドのプディング」を読んだ
「きょうはあしたの前日だから…だからこわくてしかたないんですわ」っていうセリフほんとズギャンとくる
導入からセリフとかが独特で、えっどんな話だろうこれと思ったんだけど、
読み進めたら身につまされたというか、妙に衣良ちゃんに共感した…
「うしろめたさを感じている同性愛者の男性」が好みと言い、
その人のカモフラージュのために結婚してその人の役に立つ、と言うんだけど

自分が女であることのむずがゆさとか、
自分の中に生まれるいろんな感情や感覚を認めがたい感じとか
大学の頃、高野文子の「うしろあたま」っていう漫画を読んでとても共感したな
「バナナブレッドのプディング」みたいなアプローチはまた全然違って、すごく新鮮だった

実は大島弓子の漫画、ちょこちょこ単発で読んだくらいで、ちゃんと読んだことなかった
コマ割とか独特
あと思ってたよりもギャグとか入るんだな