夜、Netflixで映画「Shall we ダンス?」を観た

かなり昔、父親とレンタルビデオで観た記憶があったんだけど、実際観てみるとどのシーンもほぼ初見のインパクトだった
本当は観てなかったのかもしれない 忘れたのか?
後者かも まあどっちでもいいか
以下散文感想

面白かった〜
電車の窓から見えるダンス教室(みたいな場所)って、たぶん誰の記憶にもあるよな
ギター教室、フィットネスジム、見知らぬ企業のオフィス、なんでもいいけど
このまま生きていたらおそらく一切交流を持つことはないであろう人たちが、あの建物に、あの一室に、暮らしたり活動していたりするんだな、と思いを馳せることって身に覚えがあるはずだ
繰り返される電車通勤の、会社と家の往復シーンのあと、ひょいっと電車を降りることでドラマが始まる
このメタファー、王道だけど王道だからこそ良い
随所にユーモアがあって、ホワン…としたやさしい笑いに包まれてるのがよかった

あとなんか、こういうラブストーリーって珍しいなと思った
結果、ラブストーリーではなかったのかもしれないが
ダンス教室の美しい女性に惹かれた生真面目な主人公はすでにもう結婚していて、浮気してやろうとかそんな大層な意気込みはないものの、ちょっとした下心からダンス教室に通い始める
女性は女性で真剣にダンスに取り組んでいるあまり、下心からダンスをやろうとする男性を拒絶していて、もっと別の葛藤や過去を抱えている
なのでラスト、二人は恋人同士になるんでもなければ、キスを交わすわけでもない
性欲由来だろうが憧れ由来だろうが、浮気は浮気、区別して一方を美化すな〜!と言う人も、もしかしたらいるのかもしれないけど
ダンスを通じて心を通わせた二人が、ともに手を取り合って踊る
それがこの映画のハッピーエンドなのだ
恋愛に起因・帰結しない関係性の、尊さみたいなものを感じた(恋愛関係が尊くないという意味ではなく)
で、そういう関係性を築くことができる、ダンスという表現、非言語コミュニケーションの魅力も感じた
奥さんと心を通じ合わせるために、ゆっくりとステップを合わせる描写なんかもあったりして(双方裸足で…色気があるシーンだ)
なんか今、こういう時勢だからかもしれないけど、こういうコミュニケーションへの憧憬が深くなるな〜

もう100万回以上言われてると思うが、役所広司さんめちゃくちゃ演技がうまい
緊張で頭が真っ白になっているときの表情とか動きとか、話しかけられてからの一瞬の間とか、かなりの観察力に裏付けられた演技だと思った
あと、役作りではおそらく相当ダンスを練習したのだと思われるが、序盤の何もかもがおぼつかないダンスの演技、本当にダンス始めたての頃に撮ったのか、上達したうえで下手に踊っているのかわからないくらい自然
本当にダンスが下手な頃に撮った場合、うまく踊れないこと自体に意識を取られてしまわないのだろうか
うまく踊れないときってまさに本当こういう動きになるよな…という動きがかなりリアルだったので、意識を取られない上で演じているのだとしたらすごい(そうでなくてもすごい)
演技でいうと、柄本明さんが演じる探偵さんがなんともよい味出してた 柄本明さん大好き!
仕事してるうちにいつのまにか紛れ込んで楽しんじゃってる感じがかわいいんだ…
あとたま子先生役の草村礼子さんが唯一無二の存在感で素晴らしかった
当時どうだったのかわからないけど、相当に豪華なキャスト

予告編に使われてる、レインボー色したロゴ
今DVDのパッケージで使われてるロゴとかなり違うけど、こんな感じだったのか
このダサさ…たまらん

主人公も含め、登場する男性がみんな、男が社交ダンスをやるなんて恥ずかしい、気持ち悪いと思われる、という意識を持ってたのが印象に残った
今日では古い価値観だと思うし、改めて最近は、このへんのセクシュアリティやジェンダーをめぐる価値観や意識がめまぐるしく変わっているなあと思ったけど
それはここ最近で急に変わってきたんじゃなくて、長いこと違和感を感じていた人や虐げられてきた人がいて、こういう映画とかでさまざまに表現されてきた、その延長線上での変化なんだな
この映画も、25年も前の映画だもんね
実際この映画の中でも、ダンスに興じている人はほぼ半数が男性だったし
その全員が「男が社交ダンスなんて…」という後ろめたさを抱えているとは思えかったんだけど、実際は、今はどうなんだろう
田口浩正さん演じる男性が「気持ち悪い」と言われたり、竹中直人さん演じる男性が「社交ダンスをやってるなんて、若い女と踊りっていうオヤジの下心がミエミエよね〜」と社内で嘲笑されたり、男性が受けるセクハラも描かれている
(この後周防監督が「それでもボクはやってない」という痴漢冤罪を扱った映画を撮るのもなんか意志めいたものを感じる)

映画面白いなー
あんま観れてないけどもっと観たい

見てたらいつのまにか泣いてた
誇張表現とかでなく
これ…全部が手描きなのですか? すさまじい、素晴らしい
なんかこれ、「コンセプトムービー」とされているけど、もはや私がいるこの世界における「アイマス」のPR動画ではなく、彼女ら彼らたちが打ち出したミュージックビデオ、それとして造られていますよね…?
アイマスの世界にいる人々が受け取るのと同じ感動を味わえる、もはやそれを前提に、当たり前のように作ってくれていて、それがとても嬉しい
その情熱たるや…たるや、ですよ…
伝わるか? 伝わるだろうか、この感じ
とりあえずもう、このステージを創り出すために、それぞれのアイドルたちが日々、汗をかきながら練習を重ねている姿が当然のように思い浮かぶ
最高

今さらだけど「VOY@GER」っていうタイトル、いいなあ
航海者っていう意味があるらしい 航海者……
よく、ライブでアイドルがゴンドラに乗ってファンの近くまできてファンサしてくれるときにも「ああ、なんだか宇宙船で私達のもとを訪れてくれた、別の星の人みたいだな…」と思ったりする
何かを求めて広い海を切り拓いている冒険者でもあるし、私達のもとを訪ねてきてくれる旅人でもある
ひとりひとりのアイドルがきらきらと光って、そのつながりにストーリーや形を見出して、なんかアイマスって星座みたいよね…
なんかもう、それらしい感想を編み上げようとしていつもフワフワしたことを言ってしまうんだが!?? フン…笑いたきゃ笑えよ…
要するに
sideMのラップパートかっけ〜
冬優子さん、夏葉さん、透さんが動いてる〜
春香さんが崇高な存在に見える〜…
要するに、そんな感じ
冒頭からずっと「おお…なにやら未来的かつ壮大なセットの上で踊っているぞ…!」と思わせておきながら、最後のあのカット とてもニクい演出だ
遠い宇宙を超えて私達に会いに来てくれたのは、私達と同じように日常を生きる、歌やダンスでみんなを笑顔にしたい一人の女の子であり男の子であり、人間なんだな
泣いてしまう…

こんなイミフ長文をいつも書いておきながら
アイドルたちによるこんなにも笑顔あふれるパフォーマンスを見ていて、なぜ自分が涙するのか、理由がよくわからん
そして理由なんてわからずとも、なにかを感じて動くという、そのまんまの意味での「感動」から涙が出るのってとても気持ちがいい

うーん
今日は一歩も外に出なかった
うーんうーん
蝉鳴いてるのか?
部屋の中ではそれすらもわからない

日中はあまりにも暑いので、南向きの窓は全部雨戸を閉め切っている
閉めるのと閉めないのとじゃ、室温が全然違う
なのであんまり時間の移ろいを体感することもなく、気がつくとお昼になったり夜になったりしてる
買い物すら回数が減ったし、イオンみたいなところにも行かなくなった
たまに気晴らしで、深夜にコンビニ行ったりはするけど

ブラブラ意味もなく買い物したいし、アイスとかパフェとか食べたいし、映画館にも行きたいし、人にも会いたいな
コロナが流行する直前、いろんな人を誘って、おいしいもの食べたりお酒飲んだりしながら漫画や創作の話をしたいなーと思ってた
今思うと夢のような話だ

ただしい人類滅亡計画

ダ・ヴィンチ・恐山さんこと品田遊先生の「ただしい人類滅亡計画」を読んだ
ウォォ〜…なるほど、まさかそうなるとは…
面白かった〜
この本で取り交わされている議論って、哲学だし、アカデミックな言葉を操って語ろうと思えばいくらでも難しくなりそうな話題なのだけど、かなりわかりやすかった
平易な言葉でわかりやすい文章であること以外に、漢字とひらがなの量のバランスがちょうどよく、重要なところが太字になっている、章立てが細やかでまとまりがある、会話形式である…などなどが、その助けになったと思う
なので、本を読むということになかなか集中できない私にも、スイスイ読むことができた
初めて反出生主義に触れる本として、かなりいいと思う
それでいて、自分の生き方について考えるフックとしても読めるし、小説としても面白かったな
自分としては、登場人物の誰かの意見にうんうんとうなずくというよりは、誰の意見にも大なり小なりわかるところがあった
そして個々の意見に対して、その是非を叩きつけるようなことのない結末だったし、こういう議論、その営み自体に面白みを感じているように思った
私はそこに、ある種の優しさと希望を感じた

漫画についてあれこれまとめている
植物に関する漫画を描きたいなーっていう気持ちと、そこに「伝えたいテーマ」を絡めることができなくて、ずっと悩んでたんだけど、描きたいテーマがちょっと湧いてきた
なので形にできるといいな、いや、するぞ〜
考えていることを自分で自覚したり、書き出したり、ストーリーにまとめ上げるって本当大変だな…
漫画、人に見られる形で出すことはひさしくしていないんだけど、全然描く気満々でいる

この日記で、なにかを観たり読んだりした感想を書くときにいつも「何かの感想」っていうタグをつけてる
でも考えてみたら、日記自体が日々への感想文みたいなものだし、意味なくない…?
もとい、タグなんぞ気にしてるのは自分だけだけど
サイトもそろそろ動かしたい
これも、漫画描く〜と同じくらい、いつもいつも言ってるけど!

あぢ〜

オリンピック
あんまりというかほぼ観ていないのだが、テニスとゴルフは興味があって、今日は男子ゴルフを見ていた
ゴルフに限らず、この猛暑の中プレイするというのが本当につらそう
いや絶対につらい
ゴルフに関してはほぼ丸一日中炎天下に身体を晒し、18ホールを4日連続でプレイする…
まずそれだけですさまじい
みんな真っ黒に日焼けしているし、海外の選手はうなじのあたり火傷したみたいになっていてヒエェ…となった
一挙手一投足のたびに汗を拭っていて、この苛酷さが忍ばれる
ていうか自分など、屋内にいるだけで死にそうなのにな

本当は自転車とかスケボーも興味あって観てみたかったけど時間をチェックするでもなく、普通に忘れてたら終わってた
こういう、日時が決まっているものに気をつけて見るというのが本当苦手

出たばかりの、panpanya先生の新刊「魚社会」を読んだ

魚社会

相変わらず面白かったー
いつも、panpanya先生が気になったことや思いを巡らせたことが、panpanya先生でしか表現し得ないかたちで作品になっている
そのことに魅了されるし、なんだかとても安心する
いや…そもそも作家や作品というのはそういうものなんだろうけど…
なんていうか、panpanya先生の場合、その着眼点がとてもパーソナルで、共感してもらおうとかウケをとってやろう、というものがほとんど感じられない(だけど面白い)
私なんかも、日々生きていて、たとえば電車に揺られているときにふと目に入った車窓の風景とか、街で見かけたものとか食べてるものだとか、そういうものに対してささやかな気づきやそういった思考が頭を掠めたりするけど
panpanya先生の作品は、自分のそういう感覚に当たり前のように耳を傾けて、それをマイペースに探求することの素朴な楽しみや喜びに満ちている
誰もがうっすら無意識では感じていても意識するところまではいかない、そういう曖昧なところからハッキリ意識するところまで引っ張り上げて、なおかつこんなユニークな作品に落とし込める感性が素敵だなと思う
今回も掲載されているカステラ風蒸しケーキの一連の話や「グヤバノ・ホリデー」もそう
自分が「これおいしいなー」と感じているものを、詳しく調べて、探して、ひたすら追い求める……
ただそのことが、こんなに日々を充実させるんだなーと感動する
ちょっと大げさな表現になっちゃったかもしれないけど
私自身が、こういう感覚を忘れがちで、忘れたくないからこそ、余計にそう感じるのかもしれない

あとpanpanya先生の本、装丁や紙質、オビといった部分にも、同人誌時代から一貫した手作り感というかこだわりが感じられて好き

オビ

オビにある「楽園」の手描き広告がとても良い

前から思っていることだけど
自分が何かを感じたり気づいたりする、というそのこと自体に気づく、というのは結構大変だなと思う
私個人の話だけど、自分がどう感じているか、本当はどう思っているかを脇に置いて生きがち
「あっ、私は今…○○についてこう思ったぞ」というのを常に意識して、自覚して生きる…
大変じゃないか?
そのこと自体も大変だし、そうすることである種の生きる困難さみたいなものが生じないか?
え?むしろこれが人生か?
みんな私が思ってるよりも普通にできていたりするんだろうか

作家とか芸人さんとか役者さんとか、表現をする人は結構意識的にメモしたりしてるのかも
私も、そういう気づきを漫画に描きたくて少しメモしてるけど、結局意識できずにぼんやり生きてしまってる部分もある
本当はそこまで興味のないものを周りに影響されて買ったり、見たりして、踊らされたりする
(困ったこと?に、これはこれで楽しさもあったり、楽だったりもする)
あと、「自分は本当嫌だけど、世間ではこれくらいのこと我慢したほうがいいっていうから……」と、自分を見て見ぬフリしてしまうこともある
怒っているのに怒っていないふりをしたり、嫌だけど協力したり、おかしくないけど笑ったりする
そういうことが続いていると、どっかの地点で「ギエーこんなのは自分じゃない!」って思ってしまうんだよな

生き物が生きていくのに、嗅覚や味覚や痛覚が必要なのと同じように
自分はどんな気温が心地よくて、どんな色が好きで、どういうものには興味が無くて、何が嬉しくて、どんなことには怒りを感じるのか…と自覚するのって大事だ
それを周囲に表明するかどうかはまた、個人の自由だけども
自分が感じることに耳を傾けて、そこを掘り下げていくだけで、日々って変わるし、輝いたりすると思う
いろんなものに振り回されて、流されて生活する中で忘れちゃうけど
そしてそうやって過ごすことで、自分と同じくらい、他の人が感じることに耳を傾けるのも大事だと気づくはずだ

木曜日だけど、もう週末
明日から4連休ですわよ〜!ドンドンパフパフ!
とはいえ、相変わらず外出するわけでもないし、なんかあんまはしゃぐ感じでもない

 

「その後のサキュバスさん」を読んだ

その後の、というタイトルだけど続き物とかではなく短編
おっぱい大きい女の子、サキュバス…という設定からの、この切り口
根底に現代的な価値観が流れていて、こういうのがジャンプ+に載ってるってなんかいいな