雨はつづくよ
外出たいよ、散歩したいよ

ひさしぶりに「ちいさこべえ」を読み返した
やっぱすっごく良くて、わかってはいたけど4巻でグワッと泣いた…
絵も最高にいい、なんてきれいな線なんだ
山本周五郎先生の原作も読んでみようかな

最近本読みたい欲が増している
というか、ようやく本を読めるような精神状態になってきた
なんかこう書くとそんなやばい精神状態なのかという感じがするけど
忙しかったり、やることや心配事があったり、頭の中整理できてないと本読めないんよな

部屋片付けたのはやっぱよかったな
まだ読んでない本もたくさんあった
なんであんなに散らかってたんだろ…
てかまあ、「読みたい欲が増している」とか言ってないで読めば…という感じだな
もともと小説をあんま読まなくて、エッセイか研究本が多いんだけど、いまはちょっと小説が読みたい

明日イス届くらしい
やっと発送通知がきた〜!
3週間〜5週間て本当そうなんだな
ていうかそもそもイトーキの納品がやっぱ3週間〜なんだな
なにはともあれAmazonギフト券でだいぶ安く買うことができたのでうれしい
楽しみだな〜

雨続くなあ
今日は低気圧がやばくて午前中ほぼ何もできず

昼に起きると自尊心がズタボロになるので気をつけたい
いいじゃんね、昼に起きたって
と思うようにしつつもやっぱり罪悪感がわいてくる
何をそんなに使命感にとらわれてるんだろう
20〜21時くらいにご飯食べることが多いんだけど、
そのあと22〜24時くらいまで寝てしまうことが多い
しかも絶対に朝までそのまま、ということがないので夜、眠れね〜

体重が2kg減った
…でもこのくらい誤差で増減することよくあるもんな!(不信)、と思ってたが
安定してきたので本当に2kg減ったのかもしれない
一瞬減っても、身体がむくみやすいから本当に誤差でそのくらい増減するので疑り深い
この調子であと3kgは減ってくれ
そしたらそこからさらに5kg…

誕生日だった
イェーイ

でもあんまとりたてて書くことないな
いつもどおりに過ごして、今日くらいはいいかと思いつつ家で仕事もして、
夜は近所の好きなレストランでごちそうを食べた
最近あんまステーキ肉食べることなかったけど、Tボーンステーキ
好きなレストランは本当にたまに、ここぞという日に行くと特別感というかご褒美感があっていい
最近コロナで好きなお店がたくさん潰れてしまって落ち込んでいたので、
このレストランは潰れなくてよかった…

しかしまあ、本当に
年々、誕生日に感慨がなくなっていくので
誕生日前後も当日も、ふーんという感じでしかないけど
「歳を取る」じゃなくて「歳を重ねる」っていうとなんか良い時間を過ごしていこうという気になるね
あと、べつに誕生日じゃなくてお正月でもいいんだけど、一年の一区切りがつく日というのは大事な気がする
気持ちを切り替えられるし、一年後の自分のことを思い浮かべられるよね
ほどよく頑張りつつ、あんまり頑張りすぎないようにしよ
気張って、自分に期待しすぎて出来なくて、疲れてしまっているここ1、2年だし

虫の話あれこれ

植物を観察したりどうぶつの森やったりする中で、近ごろ虫に興味が出てきた
近ごろといってもここ数年、じっくりと時間をかけてだけど
「虫のこともっと知れたら、面白そうだな」と思い始めた
で、気になるからちょっと検索して調べてみようとググった検索結果の、
どアップ虫写真を見ると、ドッと冷や汗と動悸がしてしまう
大画面に虫がビッシリ表示されると、ちょっとしたパニックみたいになる
わたしも道で見かけたらたまに撮ったりするし、数が少ないと全然平気なんだけどな
なんでかな、まだ慣れていないからかな
よく知らないから、怖いんだろうか

おととい
外から帰ってきたら、玄関前の通路にちっちゃいコカマキリがいた
かわいいなと思って、トンボの目を回すみたいに目の前で指でグルグル〜とやったら
コカマキリもカマを畳んだまま、一緒にグルグル〜と動いた
ボクサーがシャドウボクシングするときみたいに体を揺らしてかわいかった
が、次の瞬間ピョン!と私の指先に飛びついてきて、反射的にヒャッと叫んで後ずさってしまった
今思うと、目の前に指を差し出すとか、あっちにとっては威嚇行為とかに見えたのかも
自分からけしかけといて、飛びかかられたら悲鳴って…
後になって、なんかスミマセンな気持ちになった
慣れていないのに余裕こいて距離を詰めすぎたのかもしれん
せっかくなので虫のこともっと知りたいんだけど、
うまいふれあい方はないものかしら…

前に、道でひっくり返っていたのを救出したカマキリ
前に、道でひっくり返っていたのを救出したカマキリ

図鑑で虫を見るのは、昔からなんでか苦手
検索結果と一緒で、見開きページに虫が並んでると、なぜか動悸がしてしまう(ホントなんで?)
実際には見たことないくらい、表紙にでっかく印刷されているハチとかバッタの顔が怖くて
なんで目のところこんな網の目みたいになってるんだよ〜!と…
「あの本に触ったら噛まれる」と本気で思っていた
(関係ないけど、家にあったピカソの伝記漫画の裏表紙に印刷されていた「泣く女」も同じ理由でかなり怖がっていた)
今は、虫の目の仕組みってちょっとおもしろいな、詳しく知りたいな、という気持ちもあるんだけど

どうぶつの森の家具の中に、
よくお金持ちの家とか冬山のロッジとかにある(イメージの)
「シカの頭の剥製」虫verみたいな、「バッタヘッド」「カマキリヘッド」「ハチヘッド」というのがあって、
昆虫図鑑の表紙が苦手な私は、これが手に入ると売るなりなんなりしてすぐ手放してしまう
とはいえどうぶつの森では、
虫の魅力というか面白みも教えてもらっている感じ
ちょうちょの飛び方が種類によって違ったり
博物館のフータが話してくれる豆知識も面白い
まあそのフータも虫は嫌いなんだけど…
むしろあそこまで虫嫌いなのにちゃんと詳しいフータすごい
別に嫌いのままでも詳しくなれるんだなー

子どものころは虫採りよくやった
夏の北海道で、バッタとかカマキリとかセミとか
兄も虫が大好き(特にチョウが好き)で、昆虫博士だったけど、今はそうでもなくなっちゃった
虫が好きだった人でさえそうなるって、なんでだろうか
日常で虫と接する機会が減ったからかな
というか虫との接触機会がほぼ、「家の中に○○が〜…!」というときに限定されてるからかな
○○=ほぼゴキブリなんだが…
クモはかなり平気

特にオチとかないけど、虫に興味わいてきたという話
その割に、苦手エピソードばっかりになってしまった

昨日の晩、夜21時ごろ〜0時半くらいまで寝て
案の定夜眠れなかったので、そのまま起きて5時ごろ散歩に出かけた
私が早朝散歩するときは毎回このパターン
「私、今日は早起きしたのよ」という設定で行ったけど、いつか本当に早起きして行ってみたい

朝5時頃はまだ空から雲が捌けていなくて、
朝日ものぼってるんだかのぼっていないんだかわからん
うっすら陰っているけど、朝は来た感じ
昨日は強い風と雨がずっと続いてたので、路面には枯れていない葉や枝が落ちていた
ムワッと草木のにおいがして、マスクをするのがもったいなかった

散歩から帰ってきたのが6時頃
そのあと1時間くらいしてスーパーに買物に出たら、すでにめちゃくちゃ晴れていて雲ひとつ無い青空だった
さっきまでの雲どこいった
暑いのは苦手だけど、夏の晴れはやっぱ良いな、大好きだな
6月に気持ちが沈みがちだったのは、気圧もだけど目に見えて天気が悪かったからかも

イスでないものをイスにしたら
高さがまあまあ合ったのでわりと長時間座っていられるようになったけど、背もたれがない
腹筋背筋が弱い私はやっぱり姿勢が悪くなってしまい、腰が痛い
……イス〜! はやく来てくれ〜!

イス問題
イスに近いものを見つけてそれをイスがわりにしたので少しマシになった
背もたれはないけど

ドラえもんの切手
こないだ郵便局に行ったらとっくに売り切れていた
なにせドラえもんなのだ、当たり前である
兄にそのことを話したら「郵便のオンラインショップではまだ売ってるよ」と教えてくれた
見てみたら本当に売ってたのでさっそく注文してこないだ届いたんだけど、
ちょうど部屋の片付け中だったこともあり、封筒ごと紛失
紙ゴミも大量に捨てたばかりだったので、
えっ嘘…まさか開封前に捨てた…? と不安になって諦めていた
で、そのイスがわりにしたイスに近いものをさっきどけたら、その下に封筒があった

見つかってよかった〜
江戸東京シリーズのも買った
かわいい