ウグウ
今週忙しっ
日付を誤魔化してでも日記書こう、とかいってたけどやっぱ気ままに行くことにする

ずっと楽しみにしてた、アニメ「平家物語」の放送がはじまったので観た

ウオ〜ッ…やっぱFODで全部観てしまおうか〜…!?
大好きな人たちによって作られているのでかなり楽しみにしていたのだが、これは一気に観てしまいたい気もする
…いや、ちょっとずつ観たい気もする
ていうか全11話って…短くないか…
この絵が動いてるというのがまずワ〜!☺ってなってしまった めちゃいいっすね…
花鳥風月の描写がとても美しくて、植物がとても印象に残る
牛尾憲輔さんの音楽も好き
たのしみだな

今朝、9時から仕事だったのに起きたの9時50分で笑った…
まあ10時からの仕事の準備のために9時に起きよう、と思っていたので超ギリギリセーフで間に合ったのだが…
ほかにも2、3こ、余計なことをして色々やらかしたが…なんとか事なきを得た
明日さえ乗り越えればあとはラクになる!はず!
頑張るぞい

シャニマス、去年の秋冬ごろあまりプレイできていなかったんだけど、最近プレイ再開しはじめた
SHHisをまだちゃんとプロデュースできていないのだけど、「OH MY GOD」を聴きまくっている めちゃかっちょえ…好きだな〜
なのでシャニマスのことをいろいろ書きたいんだけど、今日はもう寝る
寝る…!

日記

仕事はじめの昨日は8時半に起きれたのに、休みの日の今日は11時半まで目が覚めず
身体が必要としているなら睡眠をくれてやろう、という気持ちではあるものの、なんか悔しい
昨日は4時まで眠れなかったせいもあるけど
気を紛らわせようと夏目漱石の「私の個人主義」を読んでいたら眠くなってきて眠れた

今年初めて図書館へ
お天気のいい中を自転車をこいでいったけど、歩いている人や公園で遊ぶ子ども、ゴムまりで遊ぶ犬など、楽しげな姿を見かけて気持ちが和んだ
年末に借りていた本を返して、「ぼくの短歌ノート」と、バッハのCD2枚を借りた

CDを借りるとき、事前に盤面の傷の状態を司書さんとともに確認するんだけど
今日借りたCDは最初からズタズタに傷が入っていて、司書さんが「あっ…こちら結構傷んでますね…」と気まずそうに言っていて微笑ましかった
レコード盤は傷があるとプツプツと音が途切れたりノイズが入ったりするから、こういう傷って結構音に関係あるんだな〜と思うけど、その点CDはかなり目に見えてひどい傷が入ってても、聴いてみると全然問題なかったりする
どのくらいの傷からCDとして機能しなくなるんだろう
過去にCD-Rとか捨てるときわざと傷つけたりしてたけど、意味なかったのかも
バッハは、無伴奏ヴァイオリンとチェンバロ協奏曲のアルバム
知ってる曲ばかりでバッハすげーってなった
なんか春よりは冬に合う気がするので、窓の外を眺めながら聴くの結構良い

家に帰ってきたらウィーンフィルのニューイヤーコンサートの再放送がやっていたので、流しながら本を読んだ
「ぼくの短歌ノート」面白くてもう読み終えちゃった
ウィーンフィルの演奏を見ていて、楽器を演奏するだけでなく、歌ったり、口笛を吹いたり、自由な感じで音楽を楽しんでいて面白かった
「シャンパン・ポルカ」という曲では最後にシャンパンを開ける音が曲の一部として演奏され、シャンパングラスにに注いで、乾杯していた
ニューイヤー!って感じでいいな

 

夜は、七草粥作って食べた
ンマ〜イ

七草

完成したお粥の写真は撮り忘れたので七草の写真…
今回のは赤いカブが入ってたんよ
16時くらいにパスタとあんみつを食べたので20時くらいになってもあんまお腹が空いておらず
材料もないしな〜買い物行かんとか…と思って野菜室のぞいたら、アッ!七草粥!ということで作った

塩で味をととのえて…と書いてあり、結構入れたつもりなのにまったく塩気がなく、アジシオをかけながら食べた
他に何もおかずを作らず、お粥だけだったので茶碗2杯半くらい食べた 食べすぎ
だが今もうお腹が空いている…

あともう1パックある
七草粥の漫画また描きたいな

 

シャニマスTwitterアカウントのリプライパーティ最高すぎた
しばらくこのイベントコミュとこのリプライを読み返すだけでウハウハしてしまう
普段ははづきさんのアイコンなのに、この日だけ283プロのアイコンに変わってたのもよい
みんなが普段のみんなを割とそのまま感じさせる中、芹沢あさひさんがSNSだとこういう感じになるのがまた、すごく良い…

今日は雪が降った
めっちゃ寒いと思ったらどんどん降ってきて、あっという間に積もった
雪の日って全部スローモーションに見えるし、なんか特別な日に思える
この冬はかなり寒いから、まだ何度か降る気がするな

目の話

12月ごろから、なんか視界がぼやけるというか明らかに視力が落ちてきた感覚があり
この年末年始特にひどくなった感じがするので、眼科へ行ってきた

私は子どもの頃から、視力良いのだけが自慢みたいなところがあった
なのでだいぶ調子こいていて、暗闇でスマホ見たり長時間酷使したり、目に悪いことを平気でやってきてしまった自覚がある
だから「だよね…こんなことばっかりしてたんだから、視力も落ちるよね。私もついに眼鏡かけるのか…」と思っていた
ちなみに去年、転職直前に受けた健康診断では、左1.5、右1.2だった
それも結構当てずっぽうみたいな感じではあったけど
でもそれが今日、あらためて眼科で検査受けたら、左0.7、右0.6だって
うそだろ、急激に落ちすぎている

で、どうやら、白内障らしい
目の水晶体のタンパク質が凝固して白くにごってしまう病気
え? よく聞くあれ? 私が?と、ちょっとびっくりした
眼鏡作りましょうって言われるのかと思ってたんだけど、えっそうなんだ、みたいな
白内障は眼鏡をかけても見えるようにはならないらしい
眼鏡のレンズで矯正する以前に、自分の目のレンズ自体がにごっているから
薬を飲んだり生活習慣を改善しても、にごった水晶体は元には戻らない、今できる治療は手術しかない(要約)という話を聞きながら、なんだかボーッとしてしまった
というか、白内障って失礼ながら、もっと年を取ってからなるんじゃないのか?私まだ30代なんだが…と思ったんだけど
老化性の白内障は水晶体の外側からだんだんと、年齢とともににごりが進行していくらしい(それで見えにくくなるのが60代〜70代)
私のは老化性ではなく、にごるのも外側からでなくて、いきなり中心からにごっているらしい
なので同じ白内障でも、見えにくくなる段階が早い
早期だからっていらん特典つけんでいいんや…
原因はよくわかんなくて、スマホ・PCの見すぎかもしれないし、長年顔に塗ってる薬の影響もあるかも
それら全部複合的な原因なのかもしれない
とにかく、にごった水晶体はもう戻らない
ナヌー

そう言われるとショックだったし、え?手術?目にメス?怖すぎ…!って思った(まだ思ってる)
でもまあ手術は短時間で終わるらしいし、今は眼内レンズも種類が多いっていうし
今ストレスになってる症状(見えづらい・眩しい)がおさまって、ストレスなくものが見えるようになるなら、早くやったほうがいいんだろうな…
あ〜〜でも手術、怖すぎる…手術? アア〜
両親が何年か前に白内障の手術していたし、ちょっと調べてみて覚悟決めたらやろうと思う
去年保険入っておいてまじよかった…

必要としてる人あんまいないと思うけど、このサイトめっちゃ見やすいしわかりやすかった
わかる!白内障

このサイトにも書いてある(そしてかわいいイラストもある)けど
水晶体がにごる、ということについて眼科の先生が
「イヤな喩えなんだけど…卵の白身、あれがタンパク質でね、目玉焼きみたいに熱を通すと白くなるでしょう?あれが凝固した状態なの。あれはもう透明には戻らないでしょう。白内障の水晶体っていうのは、ああいう状態なんです」と聞いて、本当にイヤな喩え〜!(でもわかりやすい!)と思った
なるほど〜目玉だけにね!とか返す余裕はなかった
無くていい

 

思い返すと本当最近すぐに目が疲れるし、常に視界がまぶしくて落ち着かず、そのせいで頭痛もひどかった
もはやだいぶ日常になっちゃってたけど、原因これだったんだ…とわかってそこはスッキリした
眼科の先生、おじいちゃん先生だったけど、だいぶ優しく詳しく教えてくれたな
住んでる地域にある眼科の評価がどれも軒並み悪くてどうしようと思ってたけど、苦労して探した甲斐あったか、かなり丁寧な診察をしてくれる病院だった(もちろん口コミ評価がすべてではないけど)
雪の日の午後で、私のあとに患者が誰もいないこともあってか、気がつくと1時間話していた
診察室が暗くて、必要な器具とか先生の手元だけダウンライトが当たっていて、古い病院だったけど妙に落ち着く空間だった
先生が診察で私の目の中を覗き込むとき、当たり前だけどめちゃめちゃ顔が近いので、なんだこの状況…と思った
遠くに気球が浮かんでる絵、よく話題に上がるけど私は今日はじめて見た
気球めっちゃぼやけてたが、あれはあえてぼやけてるらしい

今、南国へ行く際に買った暗くなるタイプのサングラスをしているけど、ものすごく落ち着く
今まで、めちゃくちゃ眩しかったんだな…
白内障は通常よりもだいぶ視界がまぶしくなるらしくて、どうりで私、
今サングラスをかけていて、スッと世界が落ち着いて見える
ちゃんとしたサングラス買おうかしら

劇場版 呪術廻戦 0」を観た
母が観たいというので一緒に行ったものの、何も予備知識がなく
昨日まで「原作読むかアニメ観ておくかしといた方がいいのかな〜」と思ってたんだけど
まったく問題なく観れたし面白かった
原作ファンの人も、何も知らずに観に来た人も楽しませるのってかなり大変だよね プロだなあ
私にとっては、結構知っている声優さんが多く出ていた(ていうかめちゃ豪華だった)り、なんとなくこれってあれのパロディじゃね?みたいなシーンがいっぱいあったり、主題歌のKing Gnuかっけ〜!とか、そういうとっかかりがちょこちょこあったのも良かったのかも

 

平日のオフィス街の映画館なら空いてるはずと思って品川で見たんだけど、半分弱くらいの入りで快適だった
そんでどうせならとIMAXで観たんだけど、上映前のIMAXイントロみたいなやつが好き
「ほら、ここから…ここからも…」とか言いながら、後ろから前から臨場感・立体感のある音響を体感させてくれるやつ
ここで一番「IMAX感」を体感するというか、あれのおかげで上映前にかなりテンションが上がる
というかそのための演出なのよね、きっと
IMAXでは何気にアニメ映画しか観たことないので、実写映画も観てみたい

「さらに針が落ちる小さな音も…」とかいって針が落ちるんだけど、針(と針の音)がデカすぎるていつもフフッてなる

 

というようなことを、この動画のコメント欄でも言われてた みんなそう思ってるんだな…
私がいつも観てる日本語版は井上和彦さんによるナレーションらしい

 

昨日友人と会ったのもそうだけど
娯楽や自分の好奇心を満たすための外出が、状況的にも地理的にも、結構ハードルの高い事になってしまってるのを実感する
たとえば気になる展覧会とかあっても、今の家から都心に出ると思うと、人が多い・遠い、というだけでだいぶ億劫になってる
自粛は自粛で仕方ないし、家も大好きだけども、興味のあることにはいつでも足をのばせる自分でいたいなー

シャニマス日記

今日の樹里さんのツイートめちゃよかった

ツイート文、今公開されてるコミュの中にも実際出てくるものもあるんだけど、上のツイートに関しては出てこない
こういうSNS投稿とかに慣れてない樹里さんが、みんなに教えてもらいながらやったんだ〜…っていう余白が感じられてめちゃ良い

今日は鬼子母神で友人と会い、雑司が谷周辺をぐるぐると歩き回った
ひさびさに1万歩以上歩いたし、それ以上にひさびさに、仕事と家族以外で人に会った
というか、よくよく思い返してみたら前回の「仕事と家族以外で人に会った」やつも同じ友人だったし、それも1年前のお正月だった
怖い、時間の流れが怖い……

最初は肥後細川庭園に行くつもりがお休み、大隈庭園もお休み、ということで鬼子母神へ…
鬼子母神、初めて行ったかも
雑司が谷周辺、家々の立ち並んでいる感じが明らかに郊外とは違う気がする
古い家をリノベーションしたカフェや雑貨屋さんなどもあったりしつつ、すぐ近くにはサンシャインシティ60とかあって繁華街も同居しているし、都電も通っているし
なんか東京だな〜って感じだ

鬼子母神の境内には可愛らしい駄菓子屋さんがあって
友人がきなこ棒を買ってくれたのでその場で食べた
そしたら食べた爪楊枝の先っぽが赤くて「あたり」だった
お参りではおみくじも引いてなかったけど、大吉が出たみたいで嬉しかった
もう一本貰って食べた
境内に1件だけ出ていた焼きそばの出店のおじさんが、駄菓子屋のおばあさんに焼きそばを差し入れでプレゼントしていた
冷たくて強めの風が吹いてる日だったけど、ゆるい時間が流れていた

 

鬼子母神のすすきみみずく

鬼子母神のすすきみみずく
かわいいね
売り場のお姉さんが「小さい子もいれば体格のよい子もいて、みんな顔立ちも違うんですよ」と言うので、どれ買おうかかなり迷ってしまった
大きいのにすればよかったかなと思いつつ、葉っぱ付きのを買った
すすきみみずくは最後の職人が廃業して、復活した経緯があるらしい

その後、猫がいっぱいいるスポットや、私が好きそうなカフェや古本屋さん、手塚治虫がいたアパートなどを教えてくれたりしながら、ぐるぐる歩いた
街歩きの好きな人で、無料で入れる場所とかそういうのにも詳しくて、専属のツアーガイドみたいで面白かった
たくさん喋ったし、やっぱ人と会ったり街を歩いたりするのは良いなあ
今年は安心して外に出られるようになるといいな

友人と待ち合わせる前に、高田馬場のディスクユニオンに立ち寄り、レコードを買った
最近レコードを聴くようになって思うんだけど、1枚とか2枚を繰り返し聴いているだけじゃどうしても飽きてくる
レコードプレイヤーというのはレコードをたくさん持っていてこそ楽しめるのでは…!?
と、なかば言い訳のようにしてレコードを買い漁ることにした
今まで近所のハードオフのレコードコーナーでしか買っていなかったので、ディスクユニオン行って若干テンション上がった
というとハードオフに失礼だが…
いや、というかハードオフはレコードショップでもないのに割とちゃんとレコードを管理してあるのだが
友人との待ち合わせまで時間がなかったので、15分くらいでデイブ・ブルーベックのレコード2枚となんかよくわからないスイスのレコード1枚を買って帰った
1枚300円とかそんな感じだったのでハードオフで買うより若干安い(ハードオフは550円くらい)
でも1枚2万を超えるお高いレコードとかもたくさんあってビビった
バディ・ホリーのレコード欲しかったけど、1万4千円もしたので一瞬であきらめた

なんかよくわからないスイスのレコード、家に帰って聴いてみたら本当によくわからなかった
ジャケットにもスイス人らしき人たちがいて、その人達のライブ音源ぽいのが入っていた
タイトルは「ONE NIGHT AT THE KINDLI」
調べてみたらKINDLIはスイスの地名だかホテルだかで、やっぱりそこでの演奏を収録したものっぽい
へースイスの民族音楽ってこんな感じなんだ
なんでこれ買ったんだろう

 

シャニマス日記

今日、1月4日はアイドルマスターシャイニーカラーズの芹沢あさひさんの誕生日!
あさひさん、おめでとう〜〜〜!!

オフィシャルのこのツイートが良い
実在感…

シャニマスでは、誕生日のアイドルとその同ユニットのメンバーをホーム画面に設定すると、誕生日をお祝い?するボイスを聞くことができる
なんかこれがまた、ユニットの空気感というかメンバーの距離感みたいなのをうまく伝えていて好き
あさひさんの誕生日では冬優子さんが「本人が忘れてるのにふゆだけアイツの誕生日覚えてるとか…なんか腹立つんだけど」って言っててホゲェ…となる
あ〜〜〜この関係性〜…
あと今公開されてるコミュ内容と連動した「#283を広げよう」の一連のツイートが良い

お正月フェス DAY3

レコードを物色しに近所のハードオフへ…
新年初外出
お正月をのんびり過ごす人たちが集っている店内は、ほのぼのとしていた
デイブ・ブルーベックのレコードを2枚見つけたので2枚買う
他にも欲しいのあったけど歯止めが効かなそうなのでやめた
家に帰って聴いてみて、「星に願いを」とか「いつか王子様が」とか、ディズニー音楽を弾いてる「DAVE Digs DISNEY」というやつ結構よかった

検索すると、普通にSpotifyとかでも聴ける
気軽に曲を聴けるという意味ではSpotifyとかYouTubeの方が普通に100倍便利なんよな…
A面とB面で、盤をひっくり返さなくてもいいし
でも、フラ〜…と物色しに行ったハードオフでたまたま見つけたレコードを数百円で買って、回して聴いてみたら気に入った!っていうのは、なんかとてもささやかな楽しみというか贅沢というか、とにかく楽しい
お金に余裕がなくても、そういう、自分が価値を感じてることにお金を使いたい気持ちがある

 

今年の目標
日付を多少誤魔化したりしてもいいから、とりあえず毎日日記つけようかな
あと去年ぜんぜん描けなかったので、漫画を描く