昨日は雨がちらちら降っていたけど、今日はめちゃくちゃお天気だった
起きたのが11時頃だったけど

最近YouTubeで、家のごく近所とか、電車やバス、車で行ける範囲の森とか山とか川の情報をよく見ている
自分自身で歩いていろいろ見つけるのも好きだけど、近くに住んでいるわりに全く観測外だった情報も飛び込んでくるし、行ってみると地元住民が少しいるくらいで全く人っ気がなかったりして楽しい
(どうでもいいけど、自分の家の近所が動画に映っていると、そのうちこのカメラ、家の玄関前までやってくるんじゃないか…?という、変な感じがする)
テレビや雑誌が特集してる情報がメジャーなら、地元住民(もしくは自治体)による情報はマイナーというか、かなり網のメッシュが細かい感じ
高尾山と同じくらいの満足感が得られるのに、全然人がいない山とか
動画の答え合わせみたいになってもあれなので、フムフムこんな場所があるのか…!という情報だけ得て、あとは自分で出かけることにしている
そんなわけで午後は、何日か前に知った里山へ出かけた

スーハースーハー
森
思わずマスクを取って、風のにおいをかいじゃった
草木や、昨日の雨で少し湿った土の良いにおいがして元気が出た
見るだけでも充分に栄養のある風景だけど、においでしか得られない感覚とか経験がある
近頃ずっと、外のにおいを嗅ぐ機会を失っていたんだな〜

 

そよそよ
あと、風に揺れる草木の衣擦れみたいな音が心地よかった
それに加えて、びっくりするくらいカエルのゲーコゲーコ…という大合唱が鳴り響いていた
でもカエルの姿は見当たらなかった
どこに隠れているんだろう

 

ニホンカワトンボ
水辺に、とっても綺麗な色のトンボがいた
メタリックブルーの身体と、赤茶色の透き通った羽が綺麗
ニホンカワトンボというらしい
ニホン…てことは在来種だ!
「トンボ 羽が赤い」で調べてみたら名前はすぐに判明したけど、初めて見た
別の色のトンボと戯れ合うように飛び回っていたんだけど、これも色々読んでみたら、別の色のトンボはメスで、求愛行動みたい
なんの気なしに見た光景も、いろんな発見があって面白いな

 

テントウムシ
テントウムシもいっぱいいた
アスファルトと違って草むらは本当にそこらじゅうに虫がいっぱいいるので、一歩一歩で踏み潰してしまっていないかが気になる

 

葉っぱのリズム
繰り返すこのポリリズム
葉っぱにはリズムがある

 

葉っぱ
葉っぱにはジャム・セッションもある

 

すきまから葉っぱ
こんなんもう、五線譜です

 

オタマジャクシ
小さい沼みたいな池みたいなところにオタマジャクシがたくさんいた
このオタマジャクシが全部カエルになったら、そりゃこの大合唱にもなるわ…
そんくらいカエルの鳴き声がすごかった

 

ひだまり
このへんでお茶を淹れて飲んだ
直座りしたけど、なにか敷くものあったらよかったな〜
雨の日に来てもそれはそれで良いかも

 

お花
わりと家から近い場所で、とてもよい時間を過ごせた
なんかいろいろみなぎってきたぞ〜

午前中はゴルフのラウンドレッスンをやった
昨日の晩は、早めに布団入ったにも関わらずなかなか寝付けなかった
緊張してたんかしら…
そんなわけで、朝ちゃんと起きれるか心配だったけど7時半に目が覚めた
ガチゴルフは朝4時とか5時とかもっと早いらしい
今日もゴルフ場着いたらすでにたくさんの人が練習しててびっくりした ものすごい情熱だ
自分もその中のひとりなのだが、情熱というよりは、かなり場違いな気がして大丈夫かしら…という気持ちでいっぱいだった
数日前から天気予報が芳しくなく、スタート前にパター練習してたらついに雨がザーザー降ってきて、あぁやっぱ予報通りの悪天候なのか…と思ったけど、その後どんどん晴れて持ち直した
5月の新緑の木々や芝がまぶしくて気持ちよかったな
街にあるゴルフ場なので、プレイ中に団地とかいつも車で通ってる道とかが見えて変な気がした

今回は9ホール
ゴルフは本来18ホールでプレイするので、今回はその半分
前に3ホールだけやったことあったけど、その時はその3倍というだけあって本格的だったな カートにも初めて乗った
カート、なんかどういう仕組みなのかよくわからないけど勝手に動いてスイスイ荷物を運んでくれて面白かった
フルでやる人は9ホールやったところでお昼ごはん食べたり休憩したりするらしい
わたくし、半分やっただけでめちゃめちゃ疲れましてよ タフだ…
結果的にゴルフ場だけで12000歩くらい歩いた

いつもゴルフを教えてもらってるおじいちゃん先生と一緒にまわったんだけど、先生上手すぎて笑った
今まで練習場でちょっと素振りしてるところしか見たことなかったけど、ツアープロって本当すごいんだな
打ち上げた球がことごとくドンピシャな狙い通りのところに落ちて、しかもピタッと止まるのだ…
もう、マリオゴルフの必殺技が常に使えてる感じ
私はドライバーが右に曲がりまくりなのと、アプローチ(穴近く)で決めきれず行ったり来たりしてしまい、四苦八苦した
というわけでスコアはボッコボコのスッテンテン(?)だったけど、めちゃくちゃ楽しかったな

終わった後は、ちかくの温泉施設で温泉入ってご飯食べた
最高オブ最高〜
帰りがけ、中学校と小学校の前を通りがかり、学生服姿のまま校庭でサッカーやドッジボールしてる少年少女を見て、あっ今日一応平日なんだ…と思った
長年、ゴルフってやっぱ大人(というかおじさん)がやるイメージだったので、ゴールデンウィークの中日に有休使ってゴルフか…自分も大人になっちまったな…という気がした
それにしても、学生服姿のまま校庭で遊ぶ姿、なんだかとてもいいものだな…

帰宅したら、持ってたはずの家のカギが手元に無くて、え?!ってなりつつ家族が持ってた別のカギで開けた
お、おい…ま…まさか…
あの広大なゴルフ場のどこかで落とした…? のか…?
おいおい待てよ…そうだとして、あんな広いゴルフ場の中で見つかるのか…? え…ヤバすぎる…
そう思って青ざめたけど、家に入ってみたら、玄関横の戸棚に、私のカギがおとなし〜く置いてあった
…そういや、朝家を出たときも、家族がカギをかけてくれたんだった
そもそも持って出てないカギを、持っていたはずなのに!と思い込み、さらにゴルフ場で落とした…!と思い込んでる私
自分も大人になっちまったな…とかいう感慨にふける資格ないだろ
まあ何事もなくてよかったけど

いろいろ観た読んだ記

金曜ロードショーで「魔女の宅急便」がやっていたので観た
ひさびさだな…10年ぶりくらい? と思ったけど2020年と2018年にもテレビ放映していたらしく、多分2018年に見ていた
人間の記憶は適当だ
ていうか、魔女の宅急便に限らず、ジブリ作品って2〜4年おきにテレビ放映してんのか

トンボって、今思うと可愛いな〜としか思わないけど、子どもの頃はなんか苦手だった
のを、今回見ていて急に思い出した
キキをパーティに誘いに来たとき、別に欲しいわけでもないクッキーを「これください」って差し出すところでウッて思った
いや、今では本当に可愛いなあとしか思わないんだけども! なんでだろう
キキがトンボにツンツンする様子にシンクロしてたのかもしれない
同年代の男の子に対する苦手意識をそのままトンボに向けていたのかもしれん
キキが店に来たトンボを無視するとか、周りの友達と盛り上がっているトンボを見て急にキキが怒ったみたいに立ち去るところとか、なんか今見るとリアルだな…
あと、キキの魔法が弱くなって飛べなくなるところは、今のほうが実感を伴って分かる気がする
子どもの頃見た作品を何度も、特におとなになってから見ると、見るポイントや感想が変わってきて面白い

 

パリピ孔明2話、3話
Netflixで観ているので結構何周か遅れて観ているのに気づいた
気付かなければなんとも思わなかったんだけど、気付くと、うえーん最新話が観たいよーって思ってしまってもどかしい
でも結局、毎週決まった曜日だとか時間だとかを意識して生きることができないタイプだしな…
気が向いた時にサブスクにアップされてるのをチェックするほうが合ってるかもしれん

英子さん、歌もめちゃくちゃうまい上になんだかとても好感の持てる人なので、孔明が応援したくなるのわかる
三国志で用いられた兵法やエピソードが、英子さんのプロデュースや話の展開に昇華されていく感じなのか…なんというアイデアだよ!
三国志は、前にジャイアントロボにハマったとき横山光輝先生の漫画を読んで、吉川英治先生の小説を読んだ
だいぶ好きなつもりでいたけど、三国志オタクのオーナー小林さんを見ていて、私三国志をだいぶ雰囲気で読んでたな…と思った
兵法とかあんま覚えてない

このところ、このOPがかなり脳内ループしてる
洗い物してるときとか踊りながら口ずさんじゃう
この、ヘッドホンをスッ…って耳に充てる孔明いいな〜

パリピ孔明のオフィシャルサイトを見て気づいたけど、台詞と歌唱は別々の方が演じているらしい マクロススタイルだ
マクロス7を見ていた当時、「あれ…?しゃべるときと歌うとき、声が別…?!」とビックリした覚えがある
昔も今も、そういう感じのアニメってあんまり無い気がするけど、観測範囲が狭いだけでわりと普通にあるのか?
福山芳樹さんはもちろんだけど、熱気バサラの声を当てていた林(神奈)延年さんもめっちゃ歌うまいんだよな〜
今でもミレーヌ(歌:チエ・カジウラさん)の「MY FRIEND」という曲が好き
というかマクロス7の曲全部好き
神奈さんは卒業Mのキャラソンで歌っていた「R&R Beethoven」ていう曲がかっこよくて好き

なんで卒業Mの話に
というか、なんかツイートを10行つなげたみたいな散漫な文章になってしまった↑

 

かぐや様の2話、3話
4期目ともなると、安定感もありつつスタッフの遊び心も随所に…っていうのが見えて楽しい
今回のEDなんなんだ…なんのパロディなんだ
石上くん、ミコちゃんのことを嫌っているわけじゃないので褒めるときストレートに褒めるのいいな〜
会長とかぐや様の関係、進展してくれ!せめて頭脳戦やってくれ!と思っているので10円玉ゲーム楽しかった
けど、会長と早坂さんの感じも良いなと思うようになってきた

モテキ
モアイで1話目を読んで、面白かったので続きを買って読んだ
そりゃ映画化しますわ…めちゃめちゃおもしろかった
久保ミツロウ先生の描く絵、特に手とか身体好きだ…!
心理描写とか、キャラが調子づいたり落ち込んだり太ったり痩せたりするの、とても生きている感じがあって良い
ストーリーだけじゃなくて、キャラの感情が揺れ動く漫画は面白いな〜
女の子ではいつかちゃんが好き
後半あんま出なくなっちゃってそれもまたリアルな感じ
4.5巻は、紙版に収録されてる対談がKindle版には収録されてないらしいので買うのを躊躇している
最近は部屋の収納スペースの都合で電子書籍買うことも多いから、紙版とKindle版で内容に違いをつけないでくれ〜たのむ…

はっ
いつのまに10日くらい空いてた
4月あっという間すぎないか?
ていうかこないだお正月だったのにもうすぐゴールデンウィークて
毎年こんなこと言ってる気がするけど

 

先週末はひとしきりゴールデンカムイを読んでた
だいたいみんなそうだろ?!そうでしょ…?
以前、途中までは読んでいたんだけどしばらく追えていなくて、あらためて頭から読んだ
なんでか本棚に、紙版が9巻だけある…なんで?

読み進めていくうちに、私の既読分は、全体でいうと3分の1にも満たなかったということがわかった
ハァハァ…もうだいぶ読み進めたな…!と思った時点でもまだ、100話にすら達していなかった(全314話)
杉元とアシリパさんという二人がメインではあるけど、途中から周辺の人物たちの物語もどんどん広がっていって、群像劇のようになっていって
こんな話を考えて、かつ漫画ならではの手法で面白く描いてまとめ上げるの、ものすんごいな 野田サトル先生本当すごい
味方かと思ってたら敵になったり、敵だと思ったけど利害が一致して手を組んだり、そのはざまでむき出しにされる人間の多面性が面白い
この人こんなだけど、なんだかんだで優しいのね…とか、なんだかんだで寂しかったのね…とか
いろんな感情でグチャグチャになる
最終話が楽しみだ〜

 

YouTubeで外国人の人が書いているコメントが読みたくて、たまにGoogle Chromeの翻訳機能を使ってページごと翻訳したりするんだけど
そうすると右サイドバーに出てる関連動画も一緒に翻訳されたりする

サプライズなし

レディオヘッドの名曲が変な感じになっていた
サプライズありverとかあるの?と一瞬思った

今日の日記は長い
なぜなら外出して、書くことがいっぱいあるからだ!

 

上野・東京国立博物館

ひさびさ東京国立博物館へ
上野、ひさびさに行ったけど時間がゆったり流れててよかったな
東博前の、高い建物がなくてドーンと開けた感じがそう感じさせるのかも
お天気もよく空も緑も青々としていて、ぽかぽかした日差しのなかでおしゃべりしたり、軽食食べたりして過ごしている感じがいい

空也上人と六波羅蜜寺という展示を観た
音声ガイドが小野大輔さんだったので値段見ずに利用
「600円です」と言われて「ロロロ…ロッピャクエン?!」てなったけど、音声ガイドってそういうものか
展示自体もひと部屋のみで1500円だったため、金額的にはこないだ観たバットマンの映画以上か…結構するな…と感じてしまったけど
展示されている内容(主に仏像)と音声ガイド自体は大変よかった
ハルヒちゃんOP「いままでのあらすじ」で、富士山について語る古泉を思い出した
音声ガイド聞きながら「うわぁ、良い声…!」って言ってる人がいた

六波羅蜜寺には、10年くらい前に京都旅行をしたとき、行ったことがある
が、そのときは京都に大型台風が接近していて、六波羅蜜寺を拝観したらすぐ帰らねば!という状況だった
そんな感じでバタバタ拝観したので、今となっては曖昧な印象なんだけど、あのとき確かに目の前で観ていた空也上人像が今度は東京に来ている…と思うと、なんか面白…と思った
空也上人像、本とかで見ると実際の人間の大きさで想像してしまうんだけど、実物はわりと小さい 小学3年生くらいの感じ
ただ今回はすこし見上げるような高さに展示してあって、しかも360℃から見ることができた
後ろ姿とか、ちょっと片足だけ前に踏み出してる感じとか、足首の感じとかしっかり観れてかなり良かった
スポットライトを浴びている姿を後ろから観て、求道者という感じがした
私は仏教徒でもなく、全然詳しくもないんだけど、日本の仏教美術や信仰のあり方にはわりと興味がある

こんな風にお出かけしつつ、頭の中はまだアニメ「平家物語」の余韻でいっぱいで、行きの電車の中で「光るとき」を聴きながら涙ぐんだりしてたんだけど
今回の展示に「伝平清盛坐像」(コレ平清盛らしい…と伝わってる像)があって、うわ!清盛!ってなった
たしかに六波羅のあたりに平家一族の家が…みたいな事言ってた〜と思い出してテンションが上がった(ここに載っています
照明のあたり具合なのかちょっとニヤついた感じの表情に見えて、ある意味そのへんにいても全然おかしくないと思った
展示の最後に平安時代の年表があり、徳子の記述を見つけて、しばらく眺めていた

 

企画展のみだとチケット代の元が取れた感じがしないため、いつも常設展を見る
ということで今日も常設展を観てたんだけど、仏像コーナーで知らない人から「あのー、動画を撮ってもらえませんか?」と声をかけられた
その人は直前に係員から「撮影OKの作品以外は撮影しないでください」と言われていたんだけど、撮影OKの仏像の前で私に声をかけてきた
あ…ハイいいですよ、とその人のスマホを構えつつ「え?動画…?写真じゃなくて動画?」と思っていたら、その人が持っていたバッグをおもむろにブンブンと振りはじめ、仏像の前で軽く踊り始めた
めちゃくちゃビックリして、つい小声で「え…マジで…?」とつぶやいてしまった
と同時に、あっやばいこれ動画だったんだと思った
絶対動画に声入ってしまってる…
周囲の人たちからの視線もビシビシ感じるし、えぇ~…って感じだったけど、係員さんスルーしてたしOKなのか…?
こないだも川辺で話しかけられた件を日記に書いたけど、先週は駅でも道を聞かれたし、今月に入って3人くらいに話しかけられている
隙が多いのかもしんない

東博の常設展とても好きなんだよな
行くそのタイミングで気になるジャンルが変わる
今回は蒔絵と金工の展示、あとは日本画?の展示にあった「双鳩図」っていう鳩が2羽並んでる日本画が素敵で印象に残った
ハト〜

 

東博のおみやげ

ミュージアムショップで犬の埴輪買った
よい…
埴輪はえらい人のお墓などに飾って死者の魂を鎮めるために作られた…らしいけど、犬の埴輪をお墓に飾られた人は、犬が好きだったのかしらね

 

お皿立てるやつ

豆皿が家にいっぱいあったので、飾るためのお皿立ても買った
ためしに立ててみたらイイ感じ

 

東博のおみやげ・一輪挿し

一輪挿しも買った
これは1200円くらい、犬の埴輪は1000円くらいで割とお求めやすい価格だった

 

日本橋に移動して、一緒にいた母の趣味で、リカちゃん人形専門店?みたいなお店に行った
私はリカちゃんでもバービーでもなく、ジェニーで遊んでいた
裁縫が得意な母が人形用の服を手作りしてくれて、今思うとかなり手の混んだ人形遊びをしていた気がする…
ということを母に言ったら、母は私があまり人形遊びをしなかったイメージだったらしく、いやいやいや、めちゃめちゃ人形遊びしてたよ〜!という話をした
お店にはジェニー人形も売っていて懐かしかったけど、人形沼のヤバそうさにセンサーが働き、あまり見ないようにした
これはハマッたらかなりやばい…服とかめちゃくちゃ可愛いんだもの
まあ、やばくない沼なんて無いと思うけど

 

スーパーにタラの芽が売っていたので、天ぷらにして食べた

Twitterにも投稿したが、葉のあいだにタンポポの綿毛がくっついて、春〜!って思った

天ぷら粉を作るのに失敗してだいぶ適当な天ぷらになったにもかかわらず、かなり美味しかった
ほんのちょっぴりほろ苦でありながら、茎がホクホクして美味しい
にしても「タラの芽」って、書いてあったけど実際はこれ、タラの“葉”だよな…
「タラの芽」でレシピ検索したら「芽」の写真がいっぱい出てきてびびったと同時に、あ!私が買ったのは葉!って急に気がついた
まあ気づいてても買ったと思うけど(面白そうな食材は買う)
ほかにも筍買った
米ぬかも買ったのでアク抜きからやってみよう

Twitterは最近また少し投稿するようになった
割と本気で不登校とか同じ感じで、ふいに投稿しなくなると何を投稿していいのかわからず
どういうきっかけで再開していいのかもわからなくなり、Twitterという場も怖い感じがして(実際怖い)しばらく投稿できなかった
TAMAコミの宣伝ツイートしなきゃ!と思って再開したけど、今はわりと何もかもがどうでもいいというか、なにも恐れたりせず特に何も考えずに投稿しているので、ぼちぼちやっていきます
また投稿しなくなる可能性もあるけど…

 

なんか全体的にかなり良い日だったな
母ともひさびさに会えたし、結構歩いて運動になったし、展覧会を見たり買い物したりもひさびさだったしで、家に帰ってきてからもかなり幸せな気分だった
こういう気分、体感で“かなり珍しい気分”なので、今後もっと増えますように

Eテレの好きな番組「100分de名著」に平家物語の回があったので見た
Amazonプライムで何故かあと10日くらいで配信終了らしく、その前に気づけてよかった、かなり面白かった
よくわかってなかったり、へえーあそこそういう意味だったんだ…っていう部分にも気づいたりでワクワクした
解説の先生が能楽師の安田登さんという方で、琵琶法師によって語り継がれてきた平家物語を、能の観点からも語ってくれるのがとてもよかった
100分de名著かなり好きな番組

 

スーパーにタラの芽が売っていたので、天ぷらにして食べた

Twitterにも投稿したけど、葉のあいだにタンポポの綿毛がくっついて、春〜!って思った

天ぷら粉を作るのに失敗してだいぶ適当な天ぷらになってしまったにもかかわらず、かなり美味しかった
ほんのちょっぴりほろ苦でありながら、茎がホクホクして美味しい
にしてもスーパーの値札には「タラの芽」って書いてあったけど、これってタラの“葉”だよな…
「タラの芽」でレシピ検索したら、本当のいわゆる「タラの芽」の写真がいっぱい出てきてびびった
面白そうな食材は買うことにしているので、葉だろうが芽だろうがどっちにしろ買ったと思うけど

 

ほかにも、筍(たけのこ)を買った
いつも水煮を買ってるんだけど、今回は自分でアク抜きやってみたくて買った
アク抜きするの初めて
何事もチャレンジ!ということで、一度はやってみたかった
先っぽを切ったたけのこを鍋に入れて、ひたひたになるくらいの水と、米ぬか、とうがらしを入れて、中火で茹で続けること…1時間半!
スーパーに売ってるパックの水煮、こんなにもめんどくさい工程を全部やってくれたんだね…と感謝の気持ちでいっぱいになる
米ぬかを入れているせいかすぐ吹きこぼれるし、そのうえガス代も結構かかるので、これは薪をくべて窯で煮炊きする前提の調理だなと思った
まあ、薪をくべ続けるのもかなり大変ではあるね…

たけのこの可食部

外皮を剥くと、可食部めちゃくちゃ少なっ…!ってなる
しかも食べてみたら、若干まだエグみが残っていた 手強いぜ
でも食感はサクサクシャキシャキ?してて良い
お値段も張るしなぁと思って小さめのを買ったんだけど、同じ工程がかかるんなら3つとか買って大鍋で茹でたほうがよかったかもしれないな

 

最近日照時間も長くなってきたし、気分も体調も安定していていい感じだわ…と思っていたんだけど
家族によると、寝ている最中に唸ったり小さく叫んだりしてるらしい
怖… 自分であんま思い当たることないだけに怖い
上の親知らずがジンワリ腫れて痛かったりするし、疲れとかストレスとか溜まってるのかな
今のところ元気だけど気をつけよう