さっき大きな地震があった
洗濯物を畳んでいた時だったので、積み上げていた洗濯物が崩れた
家の中では味の素が落ちたり、こけしが倒れたりしただけだったけど、ひさびさに心臓がバクバクした
夜遅い時間だったし、停電や漏水も起きているみたいで心配

相変わらず、めちゃくちゃ疲れる日々が続いてる
やっぱ疲れてるのか、3時間くらいうたたねしてしてしまう
で、夜も夜で眠れる
寝たら回復するからやたら寝る
でもなんだかんだで寝不足なのかな〜
目がしぱしぱする

こないだ天丼を食べた
もう私は、油ものを美味しく食べれるのは丼の半分くらいまでだ…
と実感したんだけど、この反省何度目だ?
もう揚げ物、油ものは無理なんだよ!何度言えばわかるんだよ!
と何度も自分に言っているのに、お腹が空いてるとガッツリ食べたい気持ちだけが先走って注文してしまう
今日は角煮が入ったお蕎麦を注文したけど、何も反省してないようだな
ていうか角煮の脂って、ダイレクトに脂肪を摂取している感がすごい
まあ美味しいんだけど、美味しく食べれたの最初の3口くらいだった
ノリと勢いで脂肪と塩分を摂りすぎるんじゃない
そういや角煮の一番外側の脂肪層に毛が残っていて、毛根の断面がうっすら見えてたのがショックだった
豚の肉だわね、そうだわね

↑これ書いてから、横浜家系ラーメンもてりやきマックバーガーももう無理だと思い知った

数日にわたって書いてる時点で日記じゃない気もするけどいいのだ
もっと書きたいことあるんだけど、てかこれ書いてるの14日だけど、14日の日記はまた後で書く
とりあえず寝る

ぬあ〜〜〜

家の申し込みやら保険手続きやら
役所へ行ったり、就職活動やら確定申告やら
毎日えらいバタバタしていて、日記を書く余裕…というよりは時間そのものがないんけど、元気にしてます
やること多すぎてやばい
睡眠時間を削らざるをえず、そのせいか右目の下がピクピクするようになってきた
目をこすったり、なんかの拍子にピクピクが引き起こされてしまうのでやだな
あとなんかもう花粉飛んでないか?
鼻とか目がかゆかゆになってきた〜

 

ブンタン

母が文旦を送ってくれたので食べている
たぶん土佐文旦というやつ(たぶん)

 

ブンタンの実

剥くのがめんどいので、一気に剥いてからゆっくり食べるのが好き
カニは、剥いたさきから食べる派だけど
ブンタンは実がプリプリしていて、ちょっと前に食べたメローゴールドよりも甘みが少なくサッパリしている

 

ブンタンの種

皮が分厚くて、妙に種が多い
そして種は捨てる気になれない
引っ越したら植えてみようかな?
…この数を?

 

たいやき

なんか食べ物の写真ばっかだけども、ひさびさにたい焼き買った
神保町の白山通りにあるたい焼きやさんで買ったんだけど、美味い
かじった瞬間の皮の食感がサクッ&ジャクッとしていて、中のあんこがしっとりホクホク
ふたつの食感が合わさってめちゃくちゃ美味しい
日が落ちるとグッと冷えるので、アツアツのたい焼きでしばし手を温めてから、ジャクジャク食べながら歩いていると多幸感がすごい
お行儀悪いけど、誰も見ていない前提で食べながら歩くのが好き
ていうか手がカサカサで恥ずかしいな
バイトと家事とアルコール殺菌で手が荒れている
ハンドクリームを塗っても、すぐに洗ったり濡れたりして保湿する暇がない〜

 

家はまだ審査待ちだから住めると確定したわけじゃないんだけど、どこにどんな植物を植えようかな〜と妄想するのが楽しい
庭というかほぼ駐車スペースなんだよな〜
だからまあ、端っこの方になんか植えられるな〜とか、結構花壇があるな〜という感じで、小さな余白を楽しむ感じになりそう
私はあんまり広いスペースがあっても管理しきれない気もしていて、花壇もあるし、それはそれでいっかと思っている
く…悔しくなんてないんだからね!

目のピクピクがおさまらないので寝ます

住☆民☆税
払い忘れた上に催促状に気付くのも遅れて滞納してしまっていた
悟空の修行着みたい色した封筒が届いていたので、うわヤバいと思って市役所にかけこんだ
こういう書類系、すぐに開封してすぐに処理できる人がうらやましい
てか住民税高すぎてまじ引く〜
次期は払い忘れるまいと思ってまとめて2期分払ったけど、ガッツリ残高減ってシャキッとコーン状態 ワワワワ〜
市境に住んでいてほぼ隣の市の店やら駅を利用しているので、住民税による恩恵……と
ふるさと納税しよ…
最近家買う件も含めてありとあらゆる税金の勉強をすることになり、頭がパンクしているけど
税金の仕組みとか人生における納税との付き合い方、義務教育で教えていいと思うんだ…本気と書いてマジで

タピオカミルクティー屋に行った
タピオカ入りのチョコレートミルクティーを注文したつもりだったけど、「トッピングはいかがなさいますか?」の問いに「何もいらないです」と答えていたので、受け取った商品にはタピオカが入っていなかった(当たり前)
タピオカって、デフォで入ってるんじゃないんだ…オプションなんだね
何もいらな…くらいの時点で、トッピング欄に「タピオカ」って書いてあるのを見つけて、アッ?とは思ったんだけどね
よく見てから注文しようね
しかし私は常日頃、タピオカミルクティーのミルクティー部分だけが飲みたい(※タピオカはタピオカで好き)と思っていたので、結果的には、じゃあ…まあよかったじゃん、て感じなんだけど
タピオカの食感を口の中に再現しちゃっていたので、ミルクティーだけを飲んでなんかよくわからない感情になった
なんだよもうこいつ、めんどくせえな
さらに、カロリー入力のために調べてみたらチョコレートミルクティーには紅茶入ってなかった
結局、タピオカも紅茶も入っていなかった
とりあえず美味しいのでよい
ほぼアイスココアだこれ

家が決まりそう
はやく引っ越したいけど、購入手続き、引っ越し準備、転出転入手続き、もろもろめんどい
しかし住まいが安定しないのって本当ストレスなので、さっさと片付けて新生活はじめたいな
今住んでるところは駅から徒歩50分くらいなんだけど、今度は駅から5分
が、駅前が畑ばっかりの田舎駅なので、景色は今以上にのどかになりそう
う〜楽しみだな
どんな生活になるだろな

しかし、自分の10年後とか20年後とか30年後とか、なんか想像できるようでできない
でもあっという間なんだろうな
今までも割とあっという間だった気がするもんな〜
ここ1ヶ月くらい、30年後の私よ…老後に備えてどんな感じですか?という感じで思いを馳せたけど
それとは別に、漫画読んだり描いたりしてますか?とも思った
なんかいろいろ大変とは思うが、それとはべっこに、のびのび漫画描いていけてたらいいよね
メタモルフォーゼの縁側の雪さんみたいに、あら…すてき…って感じで、萌えたりときめいたりしていたいな

雪降った
予報とか全然見ていなくて、カーテン開けたら積もっていたので嬉しかった
たしかに寒かったな
すぐ止んじゃったけど、もっと積もって、私がやりたくない予定をしばらくの間めちゃくちゃにしてくれて構わないんだぜ

なんでか左肋骨の一番下が痛い
どっかぶつけたのかな…覚えがないな…
…と、今ゆっくり記憶を辿っていたら思い出した
パイプ椅子の上に立って高い位置に物を取りつけようとしたら、立った瞬間にパイプ椅子の座面がクルッと回転して落ちたんだった
そんときぶつけたのかな〜
知らんうちにどっかぶつけることはよくある
ぶつけた瞬間と直後くらいは痛いけど、案外すぐ忘れる
なので身に覚えのない痣がよくできている
でもそうとはいえ、今日のは結構派手に落ちた上に周囲の人間にも心配されたのに、なんかもうすでに忘れてた
昔はこういう出来事を振り返っては、あぁっ…と恥じ入ってたはずなんだけど最近めっきりどうでもいいというか、体験した数分後には忘れるようになってきた
てか座面が回転する時、横スクロールアクションゲームとかにある罠みたいな動き方したな
椅子から落ちた自分の姿、想像してみるとすごい間抜けだ
パイプ椅子の上には立たない、が今日の教訓
12歳くらいで履修しとくやつ

↑これ書いた半日後くらいに、右太ももの側面が同様に痛くて、見てみたらかなり大きい痣になってた
押したら痛いし、なんか固かった
明らかにあれじゃん
打撲じゃん、打ち身じゃん
まあじきに治ることも知っている

比較的近くにある植物園が閉園すると知って落ち込んだ
閉園後はマンションが建つらしいけど…それはさておいても、植わっていた植物はどうなってしまうんだろう
伐採されて処分なのかな
かなしいな…

シャニマス日記
ソロ曲集のStellaが出て、少しずつ聴いてる
続きを読む

なんて名前
よく見かけるこういう植物
野生化?したユッカ…?なの、か??
植物についてあーだこーだ語り合える人が近くにいないので、適当に自分で調べて、たぶんこうだろう…という仮説を立てて終わることが多い
植物に関しては、いろいろ調べて知ることも楽しいんだけど、はっきりと判明させず、ぼんやりとした認識でいるとある日突然「ん?!これってつまり…」といろいろ気がつくこともあって、それが結構面白い
葉っぱの形が似てるから同じ種類だろう→全然違った!とか、そういう感じで

 

でかい
これはなんか駅近くの駐車場の片隅に生えてた
人通り多いところで、めちゃくちゃ存在感あるのに特に誰も注目してなくて面白かった
町に溶け込んでいるのか…
たぶんリュウゼツランかな

たぶんリュウゼツラン
いやいやいや、でけーわ
なんかもう絶対、夜とか動いてる、町を歩いてるよ
奥のお家の人が植えたのかな
おおきく育ちましたねえ

時間がのびたり縮んだりしている
今ヒマだな…という時は自分の時間じゃなかったり、自分の時間だけどワーッと忙しかったりする
なので、ウワ!今この瞬間!確実に私の時間!!て思うと、ついムリしてその時間を引き延ばそうとする
今、この時間のことだが…

相変わらず物件を見ている
なんかも〜なんでもいいからはやく決まってくれ〜(他人事)みたいな気持ちがわいてきてしまう
半年後の自分はもう、引っ越し作業も終えて新居に暮らしているんかな
そう考えると不思議な気がするね
写真ばかり見ているとついつい素敵な内装にばかり気を取られがちなんだけど、実際内見に行ってみるとシェ〜となることも多い
めちゃくちゃ素敵な内装で周りに建物も無く日当たり良好、もうここしか無い!と思った家が28%の坂を上ったところにあってこれは私にはムリだ…と思った
逆側の道から下りてくる形ならどうだろうかと思ったけど、回り込んでみたら「この先、急勾配なので迂回してください!」という看板があって、どうやって入れというんだ…と思った
なんにせよ、はやく引っ越したいな〜
いや、本当は今住んでいる町に住み続けられたら一番いいので、引っ越すのはさみしいんだけど

 

ほしとんで4巻を今更読んだけど、創作者に等しく突き刺さる話だった…
今回初めて出てきた上田くんのセリフが刺さる〜

自分の力100パーセント出せるまで待ってたら提出期限過ぎちゃうとか
そんなの僕ら凡才がしていいこっちゃないでしょ!!

はい…

期限のうちに発揮できたのが 今自分が持ってる力のすべてだと思ってる

はい、本当に…そうですよね…
上田くん飄々とした感じで好きだなあ、糸目だし(糸目キャラ好き)
隼先輩もいい